産後の骨盤矯正

こんな症状でお困りでないですか?

  • ウエストやお尻太ももに脂肪が付いた。
  • 帝王切開で出産したが骨盤に違和感がある。
  • 仰向けに寝ると尾骨が当たって痛い。
  • 床に座ってあぐらやおねえさん座りをすると、股関節が痛い。
  • 妊娠中から腰痛、坐骨神経痛が出ていたが、産後からさらに症状がつらい。
  • 尿もれがある。
  • 産後6ヶ月経ったがまったく痩せない。
  • 体重は戻ったのに妊娠前のジーンズがはけない。
  • 肩やくびれの位置がずれている。

産後の骨盤の原因

1.女性ホルモンによるゆるみとゆがみ

「エストロゲン」や「プロゲステロン」などもありますが、特に妊娠3か月~産後2~3日出る女性ホルモン「リラキシン」(「子宮緩和因子」とも呼ばれ妊娠後期~末期にかけて分泌量が増える)が卵巣、子宮、胎盤から出るためで、リラキシンが出ると恥骨結合(軟骨)や靭帯(骨と骨をつないでいる)が緩むため骨盤が開くと言われています。
妊娠初期にお腹が大きくなくても、腰が痛かったりするのはリラキシンが出て関節が緩くなっていることもあります。

骨盤イラスト

リラキシンは、生まれる頃には10㎝ぐらいの頭になっている赤ちゃんがせまい産道をスムーズに通れるためにひろげる大切な役割があるために出ます。
生理前にもリラキシンは出るので骨盤が緩くなり、筋肉や関節への負担が大きくなり腰や肩の痛が出る方もいます。
妊娠後期にはお腹が大きくなってきて腰が反り腰になります。楽だからと言って腰を反りすぎずに、いつもよりちょっとだけ前かがみにすることで、背骨と骨盤のバランスが良くなり、腰痛や赤ちゃんが下に下がることで出る妊娠線、肉割れが出ずらくなります。
赤ちゃんも上に上がりやすいので逆子にもなりにくいと言われていますぜひ試してみて下さい。

妊婦さん

2.筋力低下

骨盤底筋

妊娠中はお腹が大きくなってくるため、動きが少なくなってしまい筋力が落ちて腰痛が出たり、むくみが出たりします。
出産で大きくなってたお腹が急にしぼむため、お腹周りの伸びた筋肉が正常に戻るまで時間がかかります。
その間は内臓が下がりやすくなり骨盤内に腸が落ち込んできてしまったりすると基礎代謝が落ちて太りやすくなったり、下腹がぽっこりしたり、尿もれ、頻尿の症状も出ることが多いです。
通常産後開いていた骨盤は少しずつ閉じて3カ月位で元に戻るはずですが、子育てで抱っこをしたり、おっぱいをあげるなど姿勢が悪かったり、筋力が弱ったままだと、緩んだ関節がそのまま戻らず、骨盤の位置も変わらず開いたままになってしまいお腹がぽっこりしたり下半身が太くなったりすることも多いです。
産後3カ月までには運動や施術を受けて骨盤やインナーマッスルをしめておくことをおすすめします。

産後の尿もれ・頻尿

骨盤の底部には子宮、膀胱、腸などの内臓を支える骨盤底筋群(深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋など)があり産後は骨盤の開きや、筋力低下で骨盤底筋群が緩み、

膀胱、尿道、肛門の引き締めが弱ることで尿や便がしっかりしぼり出せないと頻尿になったり、くしゃみをしたりしゃがんだりなどちょっと力んだりした際に尿もれしてしまうこともあります。
また加齢、肥満が原因でも骨盤底筋は衰えたりもしますので骨盤底筋を鍛えるためにトイレでもいいのでお尻の穴をきゅっと締め10秒キープする感じを1日3セット位で運動もしておくのも効果的です。

ではなぜ当院の施術で症状が改善できるのか?

  • 高濃度炭酸ミストで血流を促進し筋肉、筋膜に柔軟性を出せるから
  • 特殊な高周波を手にはめたグローブで、頭~足先まで全身に流すことで、普通のマッサージ、ストレッチでは届かない奥の奥までアプローチできるから
  • 骨のゆがみをトントンと刺激しゆがみを調整するから
  • 症状が出ている所だけではなく、根本的な原因になっている場所を調整するから
  • インナーマッスルを鍛えるEMSで症状が戻りづらくするメンテナンスができるから

施術の流れ動画

施術の流れ動画

初回限定お試しキャンペーン

初回限定お試しキャンペーン