顎関節症

顎関節症とは?

口の開け閉めで異常がある状態で、

・あごが痛い
・がくがく音がする
・口が開けずらい

などの症状で筋肉・靭帯・関節円板などに炎症が出たり、変形が生じて起こることが多いです。

日本人の2人に1人に何らかのあごの異常があるとされ、20~30歳に多いとされています。

顎関節症の症状

①あごが痛む

あご・ほほ・こめかみの痛み。口を開けたり閉じたりしたとき、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛む。あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が考えられるのでMRI、CTなどの検査も受けてみて下さい。

②口が大きく開けられない(開口障害)

口を開いて、指を縦に三本分入らない。
あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の関節円板、靭帯、関節包などの異常で口が大きく開けられない場合とがある。
③あごを動かすと音がする(クリック音)

あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。
症状が音だけの場合は顎関節症予備軍と言えるが治療は必要ないと思われる。

④噛み合わせに違和感がある

あごの関節や筋肉に問題があると、あごの動きに変化が生じて噛み合わせが変わることがある。
急に噛み合せが変わったように感じるときは顎関節症の疑いがある。

⑤偏頭痛・肩こりがある。

あごには様々な筋肉・筋膜・神経が巡っているので筋肉・神経・血管が圧迫されたり、引き伸ばされて痛みを生じる事がある。

治療の方法

80~90%の方は手術をしない
マッサージ
マウスピース
薬物療法
で治療しています。

その他では
関節内の洗浄
変形した骨や関節円板を形成する手術をしています。

ではなぜ当院の施術で症状が改善できるのか?

  • 高濃度炭酸ミストで血流を促進し筋肉、筋膜に柔軟性を出せるから
  • 特殊な高周波を手にはめたグローブで、頭~足先まで全身に流すことで、普通のマッサージ、ストレッチでは届かない奥の奥までアプローチできるから
  • 骨のゆがみをトントンと刺激しゆがみを調整するから
  • 症状が出ている所だけではなく、根本的な原因になっている場所を調整するから
  • インナーマッスルを鍛えるEMSで症状が戻りづらくするメンテナンスができるから

施術の流れ動画

施術の流れ動画

初回限定お試しキャンペーン

初回限定お試しキャンペーン