椎間板ヘルニア

「ヘルニアと診断されて」 「腰の痛み・足のシビレで歩くのがつらいあなたへ」

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 昔からの慢性的な痛みなので治らないと諦めている。
  • 長く立っていると腰~足に痛み、シビレが出る。
  • 座っている姿勢から立ち上がろうとすると痛くてつらい。
  • 顔や頭を洗う時に前かがみの姿勢をすると痛み、シビレが強くなる。
  • 30分くらい歩いただけで腰だけではなく足までシビレてくる。
  • ヘルニア・脊柱管狭窄症と診断され手術をしたが、痛み、シビレが残っている。

もし上記のようなお悩みを抱えていて痛みやシビレを改善したい方はお任せ下さい!

こみやま整体院があなたの痛み、シビレの最後の砦になります!

椎間板ヘルニアってなに?

ヘルニアという言葉は良く聞きますが、実際どういったものかご存知ですか?

ヘルニアとは簡単に言うと、臓器(腸、膀胱、卵巣など)や組織が裂け目から出てきてしまうことですが、今回は椎間板ヘルニアについて説明していきます。

背骨は首の骨(7個)、胸の骨(12個)、腰の骨(5個)仙骨、尾骨が積み重なり、背骨と背骨の間にクッションとなる椎間板が間に入って衝撃を吸収しています。

椎間板ヘルニアは椎間板(木の年輪のようになっています)に負荷がかかり、中心の髄核という部分が外に押し出され椎間板が変形した状態です。

発症する場所としては腰(L4/5、L5/S1)が多く次に首に多いとされています。

椎間板ヘルニアイラスト

椎間板ヘルニアの症状

  • 激しい痛み(腰、おしり、股関節、太もも、足先)
  • シビレ(腰、おしり、太もも、足先)
  • むくみ
  • 力が入りづらい
  • 筋力の低下
  • 腱反射の低下
  • 触られた時の感覚異常

などがあります。

痛みやしびれが出る場所は、圧迫される神経の場所によって違うのですべての患者様が同じ症状とは限りません。

椎間板ヘルニアの治療法

  • 痛み止めののみ薬
  • 痛み止めの注射
  • 湿布
  • コルセット
  • 牽引

ほとんどの治療が今ある痛み、シビレを和らげ抑える方法なので、薬の効果が切れると痛みやシビレが出たりします。
薬や注射で短期間の使用はいいと思いますが長期間になると、何かしらの副作用が出るともいわれています。

薬や注射でも痛みがなかなか取れない場合は、手術を進められることもあります。

薬、マッサージ、温めるなどでその場は楽になるけど、歩いて帰る時には痛みが出てしまうなんてこともよく聞きます。

椎間板ヘルニア原因

姿勢、動作などの環境による強い負荷がかかって椎間板を痛めてしまうもの、靭帯、筋肉などの組織が血流不足で縮んで悪影響を与えてしまうこと。

腰骨(腰椎)はもともと前弯といって前側に弯曲していますが、前かがみの姿勢では腰椎が後ろに反る後弯によって椎間板には体重の2.5倍の負荷がかかったりします。

腰が丸まりすぎたり反りすぎても椎間板、靭帯、筋肉に負担がかかるので負荷がかかりづらい姿勢にすることが1番です。

椎間板ヘルニアや腰痛になりやすい姿勢としては
・デスクワーク、車で長時間座ったままの丸まった姿勢。
・スポーツなどでジャンプをする動作が多い。
・重いものを持ちあげることが多い。
・うつ伏せで寝る。

体質、骨の形などの遺伝的なものなどがあげられます
・骨の数が通常より多い、少ない場合にも多いとされています。
・ホルモン剤などで体重が増えて負荷がかかっている。などがあります。

瑞江のこみやま整体院では立ち方、座り方、歩き方、寝かたなどのセルフケアもお教えいたします。

ではなぜ当院の施術で症状が改善できるのか?

  • 高濃度炭酸ミストで血流を促進し筋肉、筋膜に柔軟性を出せるから
  • 特殊な高周波を手にはめたグローブで、頭~足先まで全身に流すことで、普通のマッサージ、ストレッチでは届かない奥の奥までアプローチできるから
  • 骨のゆがみをトントンと刺激しゆがみを調整するから
  • 症状が出ている所だけではなく、根本的な原因になっている場所を調整するから
  • インナーマッスルを鍛えるEMSで症状が戻りづらくするメンテナンスができるから

施術の流れ動画

施術の流れ動画

初回限定お試しキャンペーン

初回限定お試しキャンペーン