テニス肘(肘の痛み)

こんな症状でお困りでないですか?

  • テニスでサーブやバックハンドでレシーブすると痛い。
  • 物をつかんで持ち上げると肘周りが痛い。
  • タオルをしぼると肘が痛い。
  • ビンの蓋やドアノブを回すと痛くて回せない。
  • 事務作業でキーボードを打ってると痛くてつらい。
  • 就寝中に寝返りをするときに肘が布団や床に当ると痛みで起きてしまう。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因は?

原因は手(前腕)の伸筋群(特に短橈側手根伸筋)指を伸ばす筋肉に強い負荷がかかったり、

弱い負荷が繰り返しかかった使い過ぎによる筋肉・関節包・腱・骨の付着部の部分断裂や炎症で腱鞘炎と言われます。

テニス肘とは上腕骨外側上顆炎といわれ特にテニスの初心者に多く見られ、バックハンドで手首が手背側に向き過ぎたまま繰り返しボールを打ち返したりするとに負荷がかかり炎症が出て痛みがでます。

痛みが出る場所は、手のひらを天井に向けた時に親指側の肘の周辺から手首に向かった前腕の半分くらいの位置に多く見られます。

テニスプレイヤー以外にも手首や肘の曲げ伸ばしをする、中年以降の女性に多いとされますが、産後のママさんも子供を抱っこしたりする時間が長いので意外と多いです

肘の痛みイラスト

野球肘(上腕骨内側上顆炎)の原因は?

野球肘、ゴルフ肘、柔道肘などと言われ、テニス肘の逆側で原因は手(前腕)の屈筋群、指を曲げる、手首を曲げて引く動作の筋肉に強い負荷がかかったり、

弱い負荷が繰り返しかかった使い過ぎによる筋肉・関節包・腱・骨の付着部の部分断裂や炎症で腱鞘炎と言われます。

痛みが出る場所は、手のひらを天井に向けた時に小指側の肘の周辺から手首に向かった前腕の半分くらいの位置に多く見られます。

テニス肘よりは頻度は少ないとされています。

テニス肘判別方法

中指伸展テスト

肘を90°曲げて手首・指を天井側に反って力を入れる
反対の手で抵抗をかけて中指を床方向に下げた時に痛みを生じます。

テニス肘中指伸展テスト

Thomsenテスト

肘を90°曲げて手をぐうにして握り手首を天井側に反って力を入れる
反対の手で抵抗をかけて手首を床方向に下げた時に痛みを生じます。

治療期間

筋肉の負傷具合、炎症の度合いや場所により人それぞれなので何とも言えないところですが、

治り方としては手首から肘に向かっていくと手首側は治りが早く、肘の骨の近くに行くほど治るまでに時間がかかることが多いです。

日常生活を送るのに手を使いながらの治療になるためサポーターやバンドで炎症を引くのを待つ感じになるため時間がかかります。

押した感じや抵抗をかけた時の痛みが
肘近くのだと6か月
肘の下側15cm位で3か月
なんてこともあります。

治療法

あまりひどい場合や固定をしても大丈夫な方は
・指から肘までのギブス固定で安静にし4~8週間の場合もあります
・テニス肘用のバンドの装着
・ステロイドや局所麻酔などの注射
・慢性期になったものは温熱療法
・ストレッチと筋力強化
などがあります。

ではなぜ当院の施術で症状が改善できるのか?

  • 高濃度炭酸ミストで血流を促進し筋肉、筋膜に柔軟性を出せるから
  • 特殊な高周波を手にはめたグローブで、頭~足先まで全身に流すことで、普通のマッサージ、ストレッチでは届かない奥の奥までアプローチできるから
  • 骨のゆがみをトントンと刺激しゆがみを調整するから
  • 症状が出ている所だけではなく、根本的な原因になっている場所を調整するから
  • インナーマッスルを鍛えるEMSで症状が戻りづらくするメンテナンスができるから

施術の流れ動画

初回限定お試しキャンペーン

初回限定お試しキャンペーン